電話番号

よくある質問

Q & A
法人の主な税務は何ですか?
①法人税
②消費税
③源泉所得税
④年末調整
⑤法定調書や支払調書
⑥償却資産税
などです。代表的なものを挙げております。
会計ソフトは何に対応していますか?
弊所ではミロク情報サービスと弥生会計をメインに使用しております。
また、サポートも行なっておりますので、ご安心してお使いいただけます。
その他の会計ソフトに関しても別途対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。
経営計画を作成すると良いことがありますか?
良いことだらけです。
まず、目指すべきゴールが明確になります。ゴールが明確になると行動が具体的になります。行動が具体的になると成果が出やすくなります。
また、従業員のベクトルをそろえることができます。全員が同じゴールに向かって進むとゴールまでの時間も短縮されます。さらにチームワークも芽生え組織としても活性化します。
社外においても、金融機関等の融資を受けやすくなります。
業務エリアはどこですか?
弊所所在地が広島県呉市ですので、基本的には呉市のお客様が多いです。
しかし、広島県全域や県外のお客様いらっしゃいます。お気軽にご相談下さい。
年1回決算だけお願いすることは出来ますか?
可能です。
しかし、あまりお勧めはしておりません。1年に1度の関与では、正確な決算申告が難しいと考えております。毎月の試算表作成を正確に作成することで、その数字を基に経営の舵取りをすることが大切であると考えております。そのお手伝いのためにも月次での関与をお勧めしております。
会計事務所に顧問を依頼するとどういった事をしてもらえますか?
税務会計業務では、帳簿や仕訳のチェックを行ない、正確な試算表を作成します。加えて期首に予算書を作成し、四半期ごとに予算と実績を対比させながらの現状確認と未来の対策を検討する「四半期報告会」を行なっております。また、決算月の2~3ヶ月前に、当期の決算予測を行ない節税等の検討を話し合う「決算前検討会」も行なっております。「四半期報告会」「決算前検討会」を踏まえ節税等の対策を施しながら決算申告を行ないます。決算終了後は「決算後報告会」を行ない、決算分析を行ないます。
また、決算後報告会では、翌期の見通しも話し合い、翌期の予算を作成し、この予算を基に四半期報告会を行なっていく、というのが弊所の基本的な流れです。
また、経営計画策定支援等、中長期的な将来を見据えた経営をサポートするMAS監査サービスを提供しております。
業績を良くしたい・人を育てたいとお考えのお客様は是非ご相談下さい。

ページトップへ